夜ぐっすりと眠れないために、翌日疲れが残ったり頭が冴えなくてぼーっとするなどで悩んでいる人も多いと思います。睡眠薬を飲むほどではなくても、ほっておくとうつ病などの原因になりかねません。その場合睡眠サプリを活用する方法があります。

睡眠サプリの成分

睡眠アプリにはいろいろな種類があり、睡眠によく効くといわれるハーブや癒し成分であるGABA、アスパラガス成分など多くの成分で販売されています。しかし、有効と言われる成分が多数含まれていても自分に合わなければ意味がないため、さまざまな種類を試すことも必要です。

睡眠サプリの成分はなに?

時間に追われることが多い現代生活においては、次の日の朝が早いにもかかわらず、布団に入る時間は遅い等知らず知らずに眠っている時間を少なくしてしまう方も珍しくありません。実際に睡眠不足であるとか、寝つ…

睡眠サプリの効能

快適な睡眠を確保するために選びたいサプリメントは、成分の効能を吟味して選択しましょう。では代表的な成分の中に、どのような効能があるのかを見ていきます。初めに、身近な代表成分として挙げられるのは、カ…

睡眠サプリに副作用はあるの?

しっかり眠るということは大切ですが、生活習慣が乱れていたりストレスがたまっているなどの問題があると、ぐっすり眠るということは難しくなります。眠るのにも様々な成分が関わってきますが、睡眠サプリはそん…

睡眠サプリの選び方

睡眠サプリは現在30以上の種類があります。その中で自分にあったものを選ぶ必要があります。睡眠サプリを選ぶポイントはどんな成分が配合されているかしっかり確認することです。不眠の原因は個人で異なるし、サプリも成分によって効果がある症状が違います。

冷え解消成分について

冷え性は放置してはダメ!まずは身体を温めることから

身体が冷たいと感じる事は、女性では珍しくない現象です。身体が冷えていることで、ぐっすりと眠れない症状が現れます。このような睡眠障害があるときには、睡眠サプリに身体を温める成分が含まれているものを選んでください。冷え性を解消する食品として有名なのは、生姜ですね。生姜のなかでも金時生姜には、冷え性対策に効果があるとされる3大成分のジンゲロール・ショウガオール・ガラノラクトンが多く含まれています。しかも、その含有量は普通の生姜の3倍です。冷え性に有効な生姜の成分は熱を加えてジンゲロールがショウガオールに変化したもので、効果は飲んでから3時間持続するといわれます。身体が冷えて眠れないときには、金時生姜が含まれるサプリメントを選んでみましょう。

生薬としての歴史がある

身体を温める成分には、ヒハツという植物があります。コショウと同じスパイスとして知られていますが、このヒハツは中国で生薬として利用されてきました。また、日本では沖縄の琉球料理の薬味としても馴染みがある食品とされます。ヒハツの成分は各医療機関が研究を進め、これを摂ると抹消血管の血流が促進されることも報告されています。冷え性を解消できる成分には高麗人参に含まれるサポニンがあります。サポニンは血管を広げて血流を改善する効果が見られ、これは表皮に多く含まれているので皮ごと摂る必要があります。高麗人参は高価であるためなかなか食べることのない食品です。ですが、睡眠サプリメントに含まれていれば、効率よく摂取することができます。